Web接続による「テープ起こし紹介セミナー」
          および「ライター養成講座」

 従来、セミナーや講座は会場において実施しておりましたが、全国のより多くの方に受講していた
だけるように、インターネット経由によりご自宅のパソコンで受講できるWebセミナーやWeb講座を
実施しております。
 下記のセミナーと講座を行っています。
 ○テープ起こし紹介Webセミナー
 ○テープ起こしライター養成Web講座
 その仕組みについてご説明いたします。

1.仕組み

 Zoomというシステムを使い、インターネット経由でセミナー、講習、会議などを行うことができ
ます。これは講師側ですべて設定し、受講者は講師側から伝えられたIDとパスワードをンターネット
で設定するだけです。
 これには3種類があります。
 A. 講師側でスライド画像とマイク音声を受講者へ送り、受講者はスライド画像を見ながら講師の
   説明を聞く方式。
 B. 講師側でスライド画像とマイク音声を受講者へ送り、受講者はスライド画像を見ながら講師の
   説明を聞くと同時に、講師へマイクを通して質疑が出来る方式。この場合、受講者はヘッドセ
   ットを使います。
 C.B方式に加えて、両者ともにWebカメラをセットし、互いに相手の顔が見られるようにする方
   式です。
   コミュニケーションを取る場合にはこの方式が最良です。「テープ起こしライター養成Web講
   座」ではこの方式を推奨します。
 以下に、各方式を図解いたします。

 ※ヘッドセットの代わりに100円ショップで販売されていますイヤホンマイクでも使用できます。

2.各方式の利用場面

A方式の場合
 ○テープ起こし紹介Webセミナー
 必要なもの
 ・インターネット接続パソコン
  ※ヘッドフォンやイヤホンの利用もあり。

B方式の場合
 ○テープ起こし紹介Webセミナー(質疑をしたい場合)
 ○テープ起こしライター養成Web講座
  必要なもの
 ・インターネット接続パソコン
 ・ヘッドセット(1000円代のもので十分)またはイヤホンマイク
  ※イヤホンマイクは、100円ショップで販売されているもので十分です。

C方式の場合
 ○テープ起こしライター養成Web講座
 必要なもの
 ・インターネット接続パソコン
 ・ヘッドセット(1000円代のもので十分)またはイヤホンマイク
  ※イヤホンマイクは、100円ショップで販売されているもので十分です。
 ・Webカメラ(1000円代のもので十分)
  ※絶対ではありませんが、あったほうがコミュニケーションが取りやすい。
  ※パソコンに装備されていれば、それを使用できます。

3.受講者パソコンの接続

 受講される方は、受講日の前にパソコンの接続の確認をしていただきます。
 所要時間はスムーズに進めば数分でできます。
 ①講師側と連絡を取り、ご都合の日時に行います。
 ②講師側から手順書とともに、IDとパスワードをご連絡しますので、それで
 パソコンの接続確認をしていただきます。
  以上を行うことで、受講当日は開始時刻にはスムーズに接続できます。

 

4.ヘッドセットを使用する意味

WebセミナーやWeb講座においてなぜヘッドセットを使用するかについては以下の理由からです。
①講師の説明を聞く場合、ヘッドセットは外部の雑音が入ってこない。
②声が小さくても聴き取りやすい。
③マイクが口の近くにあるために、こちらの声が確実に入る。
④ハウリングが起こらない。

ハウリングとは?

 ヘッドセットを使わず、パソコンのスピーカーと外部マイクを使用したとき、スピーカーから発する音声を外部マイクが拾い、それをパソコンが増幅してスピーカーから発します。さらにそれをまたマイクが拾い、その循環が続きます。その結果として、大きな「キーン」という雑音を発します。これをハウリングといいます。
 ヘッドセットはそういうことが起こりません。ただし、ヘッドセットを外して置いたままにしておくと、ほんのわずかな音をマイクが拾い、それがハウリングを起こして大きな雑音となります。